金貨投資はメリットが多い

金貨の投資で利益を出すためには、売買価格がスプレッドを上回る価格になり、購入価格より高い金額で売却します。スプレッドというのは、金1gあたりの小売価格と買取価格の差額のことです。スプレッドは店から購入する価格より、売却する価格のほうが安くなっているので、スプレッドのできるだけ小さい会社を選ぶことで、利益を出しやすくなります。

また、金貨投資には、さまざまなメリットがあります。金の地金に投資する際には、500g以下の場合バーチャージと呼ばれる売買手数料がかかります。バーチャージは購入時にも売却時にもかかってきますが、より小口の取引に対して割高になります。しかし、地金型金貨の場合は、バーチャージがかかりません。そのため、金の小口投資をする場合には地金型金貨の方が余計な手数料がかからず、利益につながります。

地金型金貨はバーチャージがかからず1枚ずつ購入できるため、資金を分散して購入してリスクを減らす、ドルコスト平均法になります。金貨投資は長期的な投資をする人が多く、リスクを分散できるのは大きなメリットです。

また、金の地金は5年以上保有すれば課税対象となる売却益が半分になるため、税金が減額されるのも魅力です。小額から積み立てても長期的に利益を出しやすいのが金貨投資が支持されている理由です。