月別アーカイブ: 2017年2月

金貨投資はメリットが多い

金貨の投資で利益を出すためには、売買価格がスプレッドを上回る価格になり、購入価格より高い金額で売却します。スプレッドというのは、金1gあたりの小売価格と買取価格の差額のことです。スプレッドは店から購入する価格より、売却する価格のほうが安くなっているので、スプレッドのできるだけ小さい会社を選ぶことで、利益を出しやすくなります。

また、金貨投資には、さまざまなメリットがあります。金の地金に投資する際には、500g以下の場合バーチャージと呼ばれる売買手数料がかかります。バーチャージは購入時にも売却時にもかかってきますが、より小口の取引に対して割高になります。しかし、地金型金貨の場合は、バーチャージがかかりません。そのため、金の小口投資をする場合には地金型金貨の方が余計な手数料がかからず、利益につながります。

地金型金貨はバーチャージがかからず1枚ずつ購入できるため、資金を分散して購入してリスクを減らす、ドルコスト平均法になります。金貨投資は長期的な投資をする人が多く、リスクを分散できるのは大きなメリットです。

また、金の地金は5年以上保有すれば課税対象となる売却益が半分になるため、税金が減額されるのも魅力です。小額から積み立てても長期的に利益を出しやすいのが金貨投資が支持されている理由です。

投資用の金貨の種類

金貨の投資は、金地金の投資に比べて非常に手軽にできる金投資です。少ない資金で投資できるので、若年層や初心者にも向いています。特に、地金型金貨は広く出回っているため手に入りやすく、小口の資金で増やしていかれるので金投資へのハードルも低いです。

世界各国で投資用に鋳造されている地金型金貨は、各国政府の造幣局が重量と品質を保証しています。日本で手に入りやすい地金型金貨は、カナダ政府発行の「メイプルリーフ金貨」や、オーストラリア政府の「ウィーン金貨」「カンガルー金貨」です。ウイーン金貨は楽器の絵が描かれており、カンガルー金貨も毎年デザインが変わります。それぞれ違うデザインの金貨は、コレクション用金貨でなくとも、集める楽しみを得られます。

参照ページ・・・投資用の金貨を取り扱っている専門サイト【Gold Coin】

地金型金貨は、重さによって大きさが決まります。トロイオンスという単位であらわされ、1トロイオンスは約31.1gです。地金型金貨のサイズは1トロイオンスと1/2トロイオンス、さらに1/4トロイオンスに1/10トロイオンスという4種類があります。

地金型金貨を購入する際は、コインを扱っている貴金属店や、ネットで購入することができます。金貨には製造コストがかかりますので、地金の時価にコストを上乗せした価格と、消費税がかかります。

金貨の投資とは何か

少額からの投資が可能な金貨の投資は、安定した投資として注目を集めています。投資には、株式投資、外貨預金、国債などがありますが、金貨の投資は実物資産なので、他の投資とは違ったメリットやデメリットがあります。これから金貨投資を考えている方のために、あまり知られていない金貨の投資についての知識をご紹介します。

まず、金貨投資は収集型金貨と地金型金貨の2つのパターンがあります。収集型金貨とは、記念金貨のような、コレクション用の効果の事で、流通量が少ないのが特徴です。骨董品としての価値や希少性、絵柄の美しさなどが価値に反映されるため、地金の価格より高く取引されます。貴重なものになると、1枚数億円にもなる金貨もあります。

地金型金貨は、世界各国の造幣局が発行している金貨の事で、こちらは収集型金貨とは違い、大量に発行されます。地金型金貨の価値は、金地金の時価相当分に、プレミアムと呼ばれる上乗せ価格を足したものです。プレミアムは金貨の製造コストや輸送費などの諸経費によって決まります。

金貨投資のメリットは、金は実物資産としての価値があるため、価値がなくなる事がまずないことです。また、インフレに強く、世界中で換金することができます。デメリットとしては、価格変動のリスクや、配当金や利子がない事が挙げられます。

金貨投資は小額からコツコツと積み立てることができるので、初めて金投資をする人にもおすすめです。収集型金貨だけでなく、地金型金貨もデザイン性が高く集める楽しみがあるので、若年層にも人気が高まっています。このサイトでは、そんな金貨投資の楽しさやメリットをご紹介していきます。