ロフトを作った結果、ほとんど使用しないうえ、エアコンの効きが悪い

ロフトがあることで、スペースを有効活用出来ると思っていました。

荷物をおくにも、はしごを登りながら持てるものとなるため、物置としても使えません。

軽く持ち運べる物、または、アルバム等のめったに出さない物を置くしかありません。

となると、そこまでのスペースは必要なく、ロフトの1/3程度のスペースで十分です。

つまり、その程度の量であれば他の収納スペースに入る量であり、意味がありません。

ロフトのはしごがまた問題点です。

はしごがあることで、片付けられたとしても、そこには家具が置けません。

かなりのスペースを空けておかなければいけないため、通常の部屋を上手く活用できなくなります。

寒い、暑い時期にはさらなる問題が出てきます。

ロフト付きの部屋は、6畳であり、そこまで大きくないのですが、エアコンがなかなか効きません。

他の部屋と比べてエアコンの効きが悪く、結局、夏や冬はロフト付きの部屋を利用しなくなってしまうほどでした。

この解決策としては、上に収納を作るのではなく、部屋に備え付けるクローゼットを工夫した物にするべきだと思います。

自身の物の量を考え、最新の適切な形の物を選び抜く方がよっほど経済的で便利だと思うからです。

よく読まれてるサイト>>>>>注文住宅 函館市